和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

ホースバンドとホースクリップの件

皆さん、コメントありがとうございます。
っま、あまり熱くならないでください。
鋼の良い所や、SUSの良い所それぞれ理解できます。まあ、掘り下げていくと知らなかったことや新たに発見することもあるでしょう。
だから、私も素人感覚で、錆びて機能しなくなったホースクリップや、その交換に手間がかかるのは、エンドユーザーの負担になるな~って思ってしまうのです。
当方が使用するホースバンドは、英国製ジュビリ社、ハイグリップ社を使っています。メーカーの言うには、高信頼で原子力発電所や潜水艦にも使用されていると言う事で選定しました。当然SUSでも304、316、鉄を選択できます。使用目的で選択できるということです。
私もヤマハとの関わりはそれなりにあります。ヤマハ艇に搭載されていたエンジン。ジョンソン、ボルボ、マークルーザー、今のマーキュリー、ヤマハSX系エンジン、ドライブ、ヤマハ船外機など、本社などにいき技術講習も受けました。でもやはり、メーカーサイドのコスト、高額な定期交換部品のユーザー負担無視。が感じられましたね。これ壊れたらどうするねんって話結構ありますよ。

話はだんだん長くなっていきますが、じゃ~
今年の2017モデルGP1800.軽量にできていますが、岩に乗り上げて穴が開きました。修理は?エポキシ樹脂で修理してくださいってなる。どこに簡単にエポキシ樹脂が売っていますか?エポキシ用表面処理剤ガラスマットが売っていますか?ハルも薄くなっているので接着テーパーもろくに取れません。5CM平方の修理を行い、30万円の請求をあげたら、皆さん泣くでしょ。

ホースクランプが外れて、エンジンに海水が混ざり、錆びてクランキングできなくなったら、どうでしょう?私たちが修理しても、メーカー責任があっても、海事6法の職員法では、出港前点検をしなければいけません。錆びたホースクリップを確認していなかった船長。その辺のところが裁判になれば、話がもつれるのです。
だから大きなメーカーは、暗にお金がない方は無理に買わなくてもいいですよって(言わないですけど)言っているのですね。
だれだって、いいのに乗って遊びたいのにね。

まあ、腹立つこと多いけど、少しでも良くなればいいかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wworks.blog59.fc2.com/tb.php/574-b14a7cdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad