和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

ドライブシャフト延長方法

セットバックマグナムポンプを購入すると、ロングノーズぺラ付なら問題ないが、普通ならロングシャフトが必要になってしまう。
そこで、カワサキ800なら550のシャフトに延長アダプターをつけて使用する方法もある。
旧型X2となると、これより長いシャフトは存在しないので、切断し溶接するしかなかった。
ずいぶん以前にも言ったが、シャフトの材質が少し特殊で溶接棒が適切なものがない。そこで強引に溶接するのだが、
頼りない。確実性がない。
そこで今回はひらめいた。溶接なしでくっ付ける。
1428392532907.jpg
1428392554742.jpg
シャフトにボルト付けだ。
旋盤で切断面を精度よく加工し、長いシャフト側はフライス盤に横型サーキュラーインデックスを取り付ける、それにシャフトに凸加工をする。
短いスプラインのあるシャフトは縦型のサーキュラーで凹加工をして、二つのシャフトをボルト付けにする。
(もちろん、シャフトの穴あけ、ねじきりを正確に加工する)
ボルトは、強度のあるSCM材をつかう。
この方法だと800にも使える、回転方向は凹凸で食い込んでいるのでねじれることはない。シャフトの振れは旋盤による切断面確保とネジ穴を精度良く明けることで問題をクリヤした。
スポンサーサイト

FC2Ad