和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

忙しい日々だ

あっと言う間にブログもおろそかになり、梅雨入りだ。
ある人からブログもう書かないのですか?と尋ねられ、また復活ってところだ。
昨日は、曇りで風も強くて、空の下での仕事には一番良い日となった。
昨年からエンジンが始動しなくなったS-D ジェットボートの修理。
800のエンジンが2機搭載モデルで狭くて、気合がはいらなかったが、もう夏もまじかに迫っているし、夏なら
暑すぎて気持ちもそがれる。
現象は点火プラグに点火しない。
テストハーネスを持っていってパルサーコイルの導通テストと抵抗値の測定。これがOK。
次は組替えで点火コイルのチェック。これもOK。次はMPEMしかないか~。メーカー在庫完売だしあっても10万円以上するだろうし困った。
しかし、MEMPのボックスにも、エンジンのマグネトカバー部分にもコネクターがある。
ハーネスを疑いながら、テスターでチェック。足の踏み場もないエンジンルームで導通テストだ。
そうしたら、パルサーコイルからの抵抗値がないではないか。用はどこかで断線か接触不良って事だ。
DSC_0169.jpg
マグネト側のコネクターをクネクネしたらメーターが振り約260Ωの抵抗値が復活。エンジンを始動してみる。
バッチリ始動OK。コネクタの接触子の酸化かカシメ不良。

2サイクルももう修理限界が近いな~。
スポンサーサイト

FC2Ad