和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーネスの防水コネクター


最近は修理がぜんぜん捗らない。
悩んでいる。
その一台がGPR1300.点火もしなければ、燃料の噴射もしない。
一つの原因がスロットルボディーの固着でバタフライが開きっぱなし。
これで直ったと思ったがそんなに甘くない。
パルサー信号が来ていないのかなとチャック。ピークボルトアダプターが取り寄せ中でとりあえず、
マグネトを開放し検査。異常なし。
診断ツールもピークボルトアダプターも明日だからハーネスのチャック。
防水コネクターが腐食している。
P1050836.jpg
P1050837.jpg


コネクターを分解して磨く事にした。
ジェットが古くなると悪い処だらけだ。
スポンサーサイト

ジェットの修理代

ジェットの修理代やレース艇の製作には、驚くほどのお金がかかる。
が、しかし その支払ったお金が適正なのかどうかは、誰もわからない。
お客は高い高いと嘆く。しかしそのお客がある会社のそこそこの地位でなら、年収で700万以上なら年間210日働けば、一日3.3万円以上ある事になる。要するに日当3.3万円だ。
カワサキ15Fの腰下まで全バラし動く状態までの作業は、一日では終わらない。メーカーのフラットレート表でもクランク交換で8.6なので8000円かけると68800円になる。
でも見えない作業が発生しているので10万円から20万円の作業代が請求される。お店の賃貸料や工具、電気、その他必要経費で金額に幅が出てくるものと思われる。
P1050809.jpg
店には安くしろって言っているあなたが、給料で自分の儲けだけは確保しているのはおかしい。
確かに、ビックリする修理代を請求するところもあるようだ。
P1050833.jpg
修理はケースByケースで違ってくるので修理代の設定は難しい。私も時々FRPの修理は、貼るだけでしょって言われるが、じゃ~自分ですれば、って言ってしまう。設備も経験も無い人に言われると腹が立つ。

信頼関係が大切っていうことかな?

台風12号の爪あと

台風12号は雨台風だったので岡山も久しぶりに避難指示がでていた。
ところで、近くのゲレンデが気になる。増水で川辺の地形が変わり車が入れなくなる可能性があるからだ。
さっそく、朝一番車を走らす。ゲレンデ目前通行止めに。係りの人に言って入って行った。
茶色の濁流が流れている。いつも皆さんが下している中州は少し浸かっている程度で大きく変化していない。
HI3G0042.jpg
HI3G0043.jpg
この中州も何年か前の台風の増水で出来たものだ。16年ほど前には、画像にある芝生1mほど上に増水した。この公園の入口に、水上バイク禁止の看板が立てられていた。もともと水上バイクは入れなかった。このときの台風で看板が流されて、私の友人が最初に乗り出したのが現在に至る。
最近は姫路はもちろん、神戸、大阪方面からもやってくる。たくさん来れば、また問題が。
騒音とゴミだ。どこも乗れなくなるのは、この2点。ばかばかしい。ここにやってくる人たちは、ここが乗れなくなったらどこへ行くの?
アホさ加減に嫌になる。他府県からやってくる人達は比較的騒音とゴミには気を使っているように感じる。
岡山の地元の人たちが、感心が薄い。オンボロジェットに限ってうるさいのだ。海だってゴミが多いのは岡山県だ。
自分で自分の首を締めるのはやめようぜ。と言っても聞かないだろう。

15Fのポンプノズル

岡山は台風で朝から雨。何をするのも嫌な日だ。

15Fのポンプノズル加工は面倒くさい。何故って偏芯しているから旋盤で簡単に加工できない。
このように書くと出来るよって思っている人も多いと思う。そうできない事もない。旋盤チャックの代わりに面板を取り付けて芯を出す方法や、4つ爪チャックを使ったりと、やり方はいくつもある。でも、今旋盤には3つ爪スクロールチャックが付いているので、外したくない。また、面板も無い。ジグを製作するのも面倒だ。
今、簡単にするのは、簡易NCフライス盤だ。
P1050817.jpg
円弧プログラムで円加工だ。内径160mm、深さ2.5mm
P1050819.jpg
P1050820.jpg
絞り側もフライスで加工しちゃえ。

4サイクルのクランクシャフト

投稿があり、4サイクルのクランクシャフトについて考えてみましょう。
コンロッドメタルやメインメタルの焼き付きは、たしかに、どうして?感じでありますが少ないように
思います。コンロッドの折れの方が多いように思います。
最近はクランクのウェブの所で真っ二つって見受けられます。
メタルの焼き付きや折れるって現象は、そのエンジンの事故的経過がどうだったのかが問題と思います。
例えば、インペラの緩みでペラが前に行き、ドライブシャフトをエンジン側に押して、そしてクランクも
前に押されてスラストベアリングやウェブに負担がいってしまうとか。海水の入ったオイルで走ってしまうとか。
カワサキ系ならオイルキャッチタンクの下側、オイルパンに入っているホースに亀裂が入り、オイルが少なめになり
気がつかずにしばらく走ってしまったとか。

確かに15FとSD4TECのトラブルは年月と共に増えてるかな。っま、壊れない機械モノは無いし、200時間過ぎると、
全バラオーバーホールは必要かもね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。