和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばろう!ニッポン

久しぶりのブログ。ちょっと落ち着いたかな?って感じ。
今日は地元工作機械メーカーの滝澤鉄工で、「ものづくり企業応援展」と工場見学があり行ってきた。
HI3G0038.jpg
展示は滝澤だけでなくOKK、山崎技研その他ツーリングメーカーや補助具メーカーが出展。
ジェット業界に関係ない業種である。でも、削り出しのヘッドやハンドルマウントも製作できるマシンだ。
だけど、ジェット業界も不景気、削り出しの高価な部品も製作しても出荷数は微々たるもので、もうマシニングを
保有してどうのって時代は終わったような感が、私の中にはある。
当作業場には、確かに古臭いフライス盤が3台、旋盤、ベンダーなどあるが この不景気な時代だからこそ長生きできる機械ではないかと思う。
滝澤鉄工所も今だに汎用旋盤も作っていた。TSL系とTAL系の旋盤を15台ほど組み立て中だった。
HI3G0037.jpg
二枚目の画像はひそかに狙っている旋盤で簡易NC付きで単品物の加工に適している。TAC360で新品定価600万円。
世間は不景気だけどこの展示会はすごく賑わっていた。人の多さにビックリだった。
おもしろいのは、工作機械を加工するのも工作機械だ。マザーマシンって言ったところで安田だった。近いから当然と言えば当然だ。

ジェット関係者にはかかわりの無い話になってしまったね。その世界にはその世界があり、興味があると広がって楽しいものでる。
またね。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。