和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事納め

早いな~もう今年も終わり。
時間が宇宙の拡がりと共に加速しているように感じる。
先日まで、暑くて干上がりそうだったのに。P1050540.jpg
P1050541.jpg
P1050542.jpg
年内最後の溶接は、塩膨れノーマルポンプの再生と20mmセットバック。
ステンレススリーブは入っていないけど、SeaDoなんかもウエアーリングって樹脂だし、石をかまさなければ問題なしだ。
後は旋盤で内径の調整で完了。旋盤作業は来年。

今年も各お客様、ショップさん、納入業者さん、その他ありがとうございました。
来年もよろしくね。さらにマニアックに加工しますよ。
スポンサーサイト

朝日か夕日か

P1050536.jpg
牡蠣のお兄さんから画像が送られてきた。
 う~ん  朝日なのか夕日なのか 
でもなんとなく綺麗。

最近も作業が捗らない。
だから注意力が無くなっていたのか、ワークの位置決めをしようとしフライス盤にセットしたダイヤルゲージを
飛ばしてしまい潰れてしまった。
P1050539.jpg
なので、また作業がストップ。

さっそく注文したが、おそらく24日の休み明けに入ってくるから、年内は仕事が出来ない。

あ~もうやめた。
24日から、工場と機械の掃除だ。

と言う訳で 年内は25日の16時までです。年明けは多分4日くらいから。

牡蠣焼きのお礼があった

先日 あるお兄さんからの依頼で製作した牡蠣焼きコンロだが、日曜日に大阪二色浜で焼牡蠣店をし、大盛況?だったと連絡があった。コンロはもう少しラフな寸法が良いとも言っていた。熱膨張で鉄板が変化するので、正確に作ると網が抜けなくなるらしい。
しかし、天気も風もなくて良い一日だったらしい。
P1050528.jpg
P1050531.jpg
P1050535.jpg

注文で炭焼き用コンロの製作

あるお兄さんから注文で、牡蠣を炭焼きするのでコンロを作ってほしいと依頼があった。
昨年はドラム缶を半分にして焼いたらしいが、炭と網の距離がありイマイチだったらしい。
取り合えず、いろんな条件を満たし、安価である事で、
軟鋼板SPCC1.6mm3”×6”一枚 材料費約2000円ほどだ。
P1050519.jpg
この板の切断から開始である
P1050520.jpg
今度はいつものごとく曲げ。
P1050521.jpg
そして小物も製作し、溶接。スポット溶接がないのでTIG溶接で組立。
P1050522.jpg
そして完成。
明日は、岡山県日生の漁港で仕入をするらしい。
そして、日曜日に大阪二色浜で出品するらしいので皆さんも牡蠣を食べに行ってやってくださいね。

さ~俺も牡蠣食いに行こう。

仕事道具のメンテ

仕事で必要なトラックの荷台の荷板交換作業。
以前から気にはなっていたが時間がなくてズルズルと。でももう限界?荷板は腐ってボルトも錆びて8mmが4~5mmほど痩せてきていた。
冬に作業をしなければ夏にはできない。
P1050511.jpg
P1050514.jpg
P1050515.jpg
P1050516.jpg
今日は荷板の取り付けだ。

ニッポン人の大和好き

ブログがお休みの日が続いています。
あ~ネタ切れ?

気持ちの中では、X2のチビデカを製作したのです。旧型で全長約300mmショートでエンジンは1100ccを搭載して
ピカピカのを。ジェットスキーの原点はおもしろいって事。

おもしろいで思い出した。スペースバトルシップヤマト これ見に行きたいな~、ニッポン人だもん。
yamato.jpg
ホント、ニッポン人って大和が大好きな国民。
俺なんか、子供の時何度も大和のプラモデルを買っては途中で投げ出してしまう。理由は主砲以外に小さな
大砲や対空機銃が多いから面倒でやめてしまう。
絶望的な艦艇特攻として沖縄に向かい沈んだ不幸な戦艦なのに。
その60年前に建造されたは大和は、その大きさを自慢とされているが、設計者はその小ささを評価してほしかったらしい。なぜ?全長263Mの船に主砲の45口径を3連装3門を搭載できた事らしい。軍艦は大きいと敵の標的にされやすく命中されやすい、だから全長は極力短くしたいのだ。
主砲のアーマーの回転力は油圧ではなく水をつかった。火災を避ける為、また船穀のリベットは専用で頭が出ない物に、早期儀装の採用や工具の一元化、工数の標準化など、当時の大和建造には現在につながるものがいくつもある。
だが大和は戦争に何の役にも立たなかった。お金の無駄だった。NHKの番組でも言っている「敵を知らず、己を知らず」ってね。時は航空戦力の時代になっていた。今の政治家もそんな感じ。米国や中国、ロシアなど大陸国家は国土が広い為大きな視野で物事を見る。
だが島国ニッポンは小さな国土だから単一思考に走りやすい。
例の議会開設120年記念式典で野次を飛ばした、中井なんとかって言う議員。元国家公安の偉いさんだったらしいけど、皆さんも想像つくでしょ。きっと国家公安委員長の時も、部下や庶民には偉そうに傲慢に生きてきたように感じるでしょ。でもね、上に立つ人はそりゃ~悪い事もするけど良い事もし、会社の社員、その家族、そして国民を守っていってくれたら、くだらん悪い事は帳消しやで。ニッポンの恥をさらし、世界に弱腰で、国際感覚の欠如は情けない。

スペースバトルシップヤマトは地球を救う為にイスカンダルまで命がけで発進やで。
俺、はよ見に行こう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。