和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンプの塩膨れ

ジェットが古くなるとポンプ(ベーン、ダクトインペラ)の錆びでピンペラ面のステンレススリーブが膨らみ
変な音がしたり、セル始動が出来なくなったりする。
果たしてどのようになっているか、
P1050104.jpg
本当にアルミが腐食し粉だらけだ。
だから何とかならないか思案中。
でも、大昔のJS440はステンレススリーブは入っていなかった。きっと耐久性を上げる為に入れたのだろうが
かえって耐久性が無くなったようにも思えるが。SEA-Dooは軟らかい樹脂が入っているのだから硬いものでなければいけないと言う事でもないように感じる。
っま、今回は20mmセットバックポンプを製作するので先に進もうっと。
スポンサーサイト

ボーリング上がり

修理中のエンジンのシリンダーと客注のシリンダーのボーリングが今日上がってきた。
今回は、よく出しているボーリング屋さんでなく新規のところでお願いした。
いきなりピストンクリアランスは?っと尋ねられたので忘れてしまったので、適当に100分の8位って言ってしまった。
どうも不安になり知合いにTEL。そうすると100分の10から12位と言われて あわててボーリング屋さんにTEL。
ボーリング屋さんもこちらにTEL確認をするところだったらしい。それで100分の12でお願いする事に。
本日 上がってきたので受け入れ確認。
P1050101.jpg
まず ピストンの外形測定。縦、横測定(ピンに対して90度方向をメモる。そしてシリンダーゲージの設定をし測定。
P1050102.jpg
結果、引き算 バッチリ00.12mm 
P1050103.jpg
嘘のようだがピタリ。おじいさんの腕は衰えていません。まさに職人。

またもやウォーターハンマーだ

昨年、エンジンがウォーターハンマーで壊れて修理し、今年は何事もなくっと。
セルモーターが動かなくなったと連絡が入って、単純にセルモーターかバッテリがNGになったと思っていた。
セルモーターを取り外して、単品確認 これがOK。う~ん?。P1050094.jpg
じゃあ、カップリングを持ってクランキング、回らない。?ヘッドをめくる。異常なし。マグネトカバーを取り外す。
リダクションギヤもOK。キャブ、インマニ、リードバルブ。ケースの中は水だらけ。一次圧縮は開放したのだから
回るはず。回らない。?
P1050096.jpg
そしてイン側からクランクをのぞき見る。あれれ!コンロッドが曲がっている。これじゃ~。
P1050097.jpg
今年もどうやらウォーターハンマー?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。