和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のブログになりました

皆様 今年もありがとうございました。
なんとかやっていけましたが、来年はどうなることやらですね。
倉庫を整理していると20年ほど前のジェット関係の雑誌がでてくるのですが、
パラパラと見ると懐かしくてその頃を思い出します。その頃は未来に夢があったり、ジェットも未知な部分があり華やかで楽しかったものです。
今はどう?
夢のようなハイパワー艇が販売されていますが、何かが物足らないって感じ、それは未知な部分を簡単に見る事が出来るからなのかもわかりません。
いずれにせよ、自分自身の心が寂しくなってきているんだと感じます。

今日はドライチャンバーを修理したので、挨拶と共に納品に行ってきます。
明日から休業です。
P1030949.jpg
P1030951.jpg
ドライチャンバーはそのうちに割れてきます。早い時期に修理をする事が長持ちのコツ。
クラック部分のみ つき合わせ溶接をしてもあまり長くは維持できません。チャンバーの場合、裏側から溶接できないし、溶け込みを確認できないのです。
今回は、溶接に近いところは開先状にし溶かし込みをした。それ以外の部分はつき合わせ溶接をして、その上からアルミ板をさらに溶接補強した。
これだけ溶接しても、いつまた何処からか割れてくる可能性は大である。

また来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

さ~て来年はどうなるかな?

来年の心配をしててもどうにもならんな。
景気なんて浮沈みするものと思っていないとしゃ~ないで。
っま、沈んで終わってしまう可能性もあるけど、長~い目で見れば景気は必ず上がってくる人類が終わらないかぎり。
景気が悪いとマスコミで騒ぐ時、自分はどうチャンスと見るかが問題だ。マスコミが騒ぐと一般人は犠牲になる。特に株価は変動するように思う。

アホらしいから景気の話は止めだ。
当社では、冬にFRP製品の在庫を持とうといつも考えるが出来なくてシーズンに入ってご迷惑をかける。
P1030943.jpg
この画像の型はX2のフードのインナーである。注文を受けているのだが、修正を施している。いろんなFRP型もそうであるが、気に入らないとか 機能性とかで修正は続けるのである。
今回はステアリングのアームを伸ばした時にフード側に余裕がないので逃がしをくわえた。
同じように見える製品も徐々に手を入れているのです。
こんなものがあったらと思えば、ご一報お待ちしております。

今日のおやつは焼き芋

天気が良いから仕事が捗るかと思っていたが、樹脂が硬化しない。(気温が低い)
だから、先日お世話になっているショップさんより、ジェットの梱包用木枠を頂き、焼き芋の構想をしていた。
寒い時は火遊びが最高。ついでに焼き芋だ。
P1030935.jpg
P1030937.jpg
P1030938.jpg
やはり、焼き芋は美味しい。
仕事の遅れのつけは、自分に帰ってくる。今夜は残業かな?

まず化粧落しから

シーズン中、応急修理で済ませたハルを、このオフ中に完全修理してみたらどうかな。
ハルの修理はFRPによる積層、簡単なものはパテで済ませて缶スプレーでシュー。

今ハルの修理で入ってきているジェットの検査そして状態の把握から。その為には、アセトンで
缶スプレーで吹いたペイントの除去。
さ~素顔が出てきたぞ。
P1030933.jpg

修理したFRPの剥離もある。パテもある。
FRPの剥離をよく見ると模様から、ガラスクロスを使用している。こいつを修理で使用する場合、剥離しやすいのだ。一箇所剥離が始まると水圧で一度に剥がれる。だから当社では使用しない。
基本はマットを使用し切断してほしくない処や強度が必要な場合ロービングクロスを使う。
P1030934.jpg
画像は叩き壊しているのではなく、コンコンと軽く叩いて、FRP板の厚さや剥離具合、ダメージ具合などを音で判断しているのです。(積層後は硬化の硬さ)
当社で修理していないFRPは信用できないのです。過去に信用して剥離しこちらの責任になりかけて不信感をもたれたからです。
FRPの修理は完全には、戻りません。でも99%を常に目指して頑張っています。だから剥離保証をしています。

やっとこさ納品

SJのフリースタル艇ハル改造の巻。

フリースタイル艇っていうのは、俺は、よ~わからん。
やってほしい事を口で言うので困るのである。曲線が分からないのである。
紙に書いてほしいのである。絵と数字を項目事に。
それとインチ言葉がでてくるのである。例えば、3インチとかね。

作業を進めていく上で問題が発生してくるし、最高の素材を使えば予算がアップするし
オーナーの立場と作業をする者の感覚の差が問題になってくる。

やっとこさ明日納品である。
P1030927.jpg
P1030928.jpg
P1030929.jpg
P1030930.jpg
皆さんなら作業料金いくら位だと思いますか?
内容
 ショートハル加工 3インチ、ショートハル加工に伴うプレートインサートナット変更取付、約700mmのハル角面はね上げ加工、EXホースとスカッパーダクトの取外し取り付け、EXフランジ角度調整の溶接、予備スカッパーの削除(FRP埋め戻し)、2液発泡ウレタンの充填、フットホール20mm前方移動による取外し取付、フットストラップ止め用アルミ板の埋め込み(デッキ、サイド)、ハンドルポール部の穴の埋め、など。
以上。
時間換算すると当り前だけど赤字です。

久しぶりになってしまった

あ~なんか久しぶりや~
仕事をしていない事はないが、写真を載せるネタが。あっても載せれない事情が。

ウルトラ250の冬季点検と言うことで、インタークーラー(IC)とスーパーチャージャー(SC)を分解中なのですがICは直ぐに外せたのですが、SCを外す為にはエキマニを外さなくてはいけないのです。
でもエキマニの中央のボルトがラチェットやメガネレンチでは上手くいかないのです。手持ちの工具が
足りず。そして力も入らない角度。
そこで、余りの工具で自作。
う~ん、バッチリ。
P1030922.jpg
P1030923.jpg
ソケットとレンチを溶接しました。一度作ってしまえば次回は楽になる。不要工具だったから、出費は無し。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。