和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大穴が開きました

ハルの修理は大変です。
ま~それを修理するのが仕事なので仕方ないですけど。
修理の方法は状況により変りますが今回はボンドラインが約60cm完全に割れてちぎれています。
よって、ボンドラインの完全修理が必要。でも修理をした人はわかりますね。ボンドラインの修理の困難さを。
特にヤマハのボンドラインの内側が複雑な形状をしている事を。
だから今回は割れていない所から型をとり、それを割れている所に仮設をし、積層しました。
P1030360.jpg

ボンドラインの修理に手を抜くと、直ぐにクラックが入り手抜きが発覚しますね。
P1030356.jpg

このジェットはかなりに激突したのでしょう内側のインハルも割れています。
この先、手の入らないデッキを修理しなくてはなりません。
ああ~今回はエポキシ樹脂は使いませんでした。施工上の難点がありポリエステル樹脂です。
スポンサーサイト

どこまで工具が必要なのか?

雨が降ってきたので休憩だ。
ボートショーの帰りにトラックから冷却水が漏れ出した。修理してたら雨や。嫌になってくる。

いつも思うのだが、工場に何処まで工具が必要なのか、考えてしまう。
最初は誰でもそうだと思うが、スパナやドライバーは購入するだろう。
そして、穴を開けるのに電動ドリルを買う。そしてもっと正確に穴を開ける必要が出てくる。
そこでボール盤が欲しくなる。ところが材質がSUSになると刃がダメになる。そこで刃磨ぎ工具が必要になる。また、穴と穴の間を正確に開けたくなる。そこでマグネスケール付のフライス盤になる。でも、固定をするのが面倒な物で薄い板はパンチャーの方が効率が良い。そこでパンチャーを購入、でもフトコロがないので、セットプレスになる。
といった具合で永遠に続くのである。
P1030357.jpg

昨日も書いたが、マネーパワーとは、ビレットパーツを製作するのに近道は高価なマシニングを購入する事である。お金のある事は力である。
当然外注に任せるとよいのだが、この業界は数が出ない。外注が嫌がるのである。その嫌な態度に接すると自分でやりたくなるのである。

そこで簡単にマシニングはどうなのか?自分なりに考えてみた。
機械が新品で約3000万円(大きさやオプションによってかなり幅がある)とすると、一応 機械の法的減価償却が7年なので、7年で考えると、
チャージ時間単価が材料別で5000円とすれば、一日稼働時間を10時間、よって5万円/日。
1ヶ月25日で125万円。そこから、刃物代、電気代、人件費、メンテ費など50万円を引くと75万円。
1年で75万円×12ヶ月=900万円。7年で6300万円。
6300万円ー3000万円=3300万円。3300万円が利益となるのだが、最近はリース契約が多いのでそうはいかない。
あくまでも、仕事があって、稼動しつづけての話なので。また、景気も7年の間に必ず不景気がやってきてるので甘くない。
mazak.jpg

昨年、森精機の営業と話をしていたら、NCフライスを買うならマシニング(MC)の方が割安だと言ってた。理由は主流がマシニングの時代なので大量生産でコストを下げていると言ってた。また、ブラザーはタッピングマシンの延長で小型なMCを生産している。600万円くらいからだって。

問題は仕事がそんなにあるのって事だ。だからすでに導入したところは、新製品をだして部品を作り続けないといけなくなる。機械(MC)も人間も仕事を与えて進まないといけなくなる。進まないといけないところに落とし穴が時々ある。

よってまとめてみると、
儲かった時には、ベンツや高級マンションは購入するな。隠し金にしておくか、キャッシュで最新のMCを買う。
忙しいときでも、従業員を雇用しない。暇な時の従業員は金食い虫だ。文句しか言わない。
自社の身の丈にあった設備をする事。(売り込みに来る人は良い事しか言わないのだ)

でも俺はマシニングが欲しいのだ~。

蛙でした

新旧X2をボートショーで展示してきました。
けど、井戸の中の蛙でした。
と言うのも、見にきてくれた人は少なかったのです。
特にNEW X2を乗ってる人なんかほとんどいませんでした。
世の中は、3人乗り、4サイクルの時代(分かっているつもりでしたが)
そして、身に着けるウエアーなどソフト用品に少しでも安く買おうとしてる時代なのです。
また、ジェット本体には雑誌WJSの特集のようにプチチューンなのですね。

ハード部品は、国産のモノも品質が非常に良くなったことです。
景気がこの数年良かったのか、マルマイトもカラフルになってますね。(船体塗装も)
マンパワーとマネーパワーに切なくなりました。

しかしマンパワーとマネーパワーには危険も含んでいるのです。
私は、アイデアと商品の隙間で勝負し、負けません。
P1030346.jpg

大阪ボートショーへ

大阪ボートショーへ展示予定の新、旧のX2を製作しています。とにかく時間がなくてどこまでになるかわかりませんが?
旧X2はもちろん、去年からの800系のハルのやつです。新型は別に変った処はなくて、ただフードがメインの為にもっていくだけです。
フードは4台もっていきますので買ってください。もちろんボートショー価格です。価格は2割引きの予定です。
グラス(白ゲル)が55200円(定価69000円)。カーボン仕様もジェットにくっ付けていますが売ります。
その他X2用部品も展示販売します。旧型ステップキット(アルミ製)5000円など。
P1030339.jpg

P1030340.jpg

試作部品も間に合えば展示予定です。X2ファンの方は寄ってみてください。

NEWハルが浮いたぞ!

かなり以前からの旧X2に800系のハルを融合したものを製作してきたが、やる気と体力とお金の関係でストップしていた。
でも昨年の6月には型が完成して、このまお蔵行きでは資金回収も出来ないし、何よりも走らせて見たい。
よって、今日は先週にFRPの積層を完了していたので、離型。
この離型はいつも楽しみなのだ。特に大きなモノは。10年ほど前はランナをよくしていたが、最近は大きくてもフードくらい。
さ~て久しぶりだ。
ボンドラインに隙間を空けて、そこに水を入れていく。そうすると、メキメキと音をたてて製品が型から剥がれていくのだ。
積層前のゲルコート

積層完了

この音で、離型具合がわかる。薄くて小さなモノはエアーで取れるが、大きく分厚くなると無理なので、おわん型なら、例え1mmの隙間があれば水を1平方メートル入れることでかなりの浮力が働く。
さらに水を入れていくと、完全に離型し浮いた。このハルの初めての進水式だ。
浮いてきた
抜けた状態

まだまだ、完成はほど遠い。インサートナット、エンジンベッドなど取り付け。そしてドライブシャフト製作など。
ある程度間に合えば、大阪ボートショーに飾りたいと思うのだが?

旧X2を

ご近所さんが旧型X2を売るということで、知合いに聞いているところですが預かっている当方も場所の関係で早く決まってほしいな~と思いブログで紹介します。
P1030323.jpg

P1030319.jpg

程度は画像の通り、ま~ま~って感じ。エンジンは750ccシングルキャブ仕様、ポンプは750用、ペラはS/Kが付いてます。あとはチャンバーとウォーターボックスは50φ、ハルの痛みは無いです。フードラッチ部分、シートのくの字部分もひび割れは無いですが、ハンドルマウント部分に少しひび割れがある程度。バッテリは上がってます。
値段は15万。それからエンジンの換装による申請はまだなので、元々付いていた650のエンジンも付きます。

話は変わりますが、先日のパソコンの電源故障はその後、原因が判明。パワーICが基盤に半田付けしているのですが、よく見ると割れて外れていました。放熱フィンをゆすると、他の半田付けも簡単に外れました。
以前の会社でも半田付け不良で苦労したのですが、今回はどうも半田自身の品質に問題があるようです。理由は普通基盤にくっ付いている部品をゆすっても、プリント基板(スルーホールでないタイプ)のパターンがめくれるか、部品の足が切れるからです。今回は半田自身がいずれも切れています。
P1030328.jpg

でも、私自身も電子回路から18年離れているのでどうなのか?
ジェットにしてもCDIが壊れたり、その他部品が壊れる事に興味がなければ、良い修理ができないと考えています。

どうですかね?暇人でしょ。

またもパソコンが

突然パソコンが壊れました。
知合いからは良く壊れるな~って言われるけど、こっちもどうなってるの?って感じ。
またもや、原因を追求する事にしました。
調べていくとBIOS画面までいかないので、ドライブ系やメモリ、CPUではないと判断。
よってマザーボードか電源。よく見るとCPUファンも回っていない。このパソコンは1年ほど前に組み立てたもので、このブログにも書いたが電源が不良でマザーが燃えたもので、ショップによって同じメーカーの電源と交換してもらったものだ。
だからこの電源メーカーを疑う。
P1030306.jpg

まずは、電圧チェック。+12V、+5V、-12V正常。ところが+3.3Vが出ていない。しかも1年前と同じで電源を投入するとかなりのノイズがラジオに発生。さっそく電源を分解。ヒートシンクにそれぞれのパワー素子がある。この素子(半導体)は、回路図がないし、規格表もないのでパワートランジスタか、レギュレターか、それともパワーICなのか分からない。でも出力になっている所からは電圧はでていない。
P1030307.jpg

こういった電源はスイッティング電源といって、入力の交流100V60Hzをスイッティングさせて高い周波数に変換しスイッティングトランスで希望の振幅を取り出して直流にするものだ。だから大きなトランスが要らない。しかも大電流が可能になる。
でも、よく壊れるな~。
腹がたつのでメーカーを公表します。
スカイテックって書いてありました。

追伸
安いモノを買う日本人が悪いのかも。僕が電子回路系の会社にいた頃は250Wクラスの国産もので4~6万円してたと思います。今回のものは400wで6000円位だから文句を言う方がおかしいのかも?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。