和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

週末に向けて

梅雨明けで、この週末に海に行こうと自分のX2を急遽組み立てる事にした。
この暑さなのでエアコンの効くところで作業していたのだが、組付けようとする部品がボロボロ。
ポンプは4つあったが、いずれも塩膨れ。バルクヘッド用のホルダーのシャフトベアリングは全て固着。ステアリングケーブルは断線。
せっかく、検査の予約をしたがあきらめるしかない。
お客と一緒で急にジェットに行こうなんて無理がある。
もう、やめた。ドラム缶の蓋をガスで切断してゴミ焼却用にゲレンデに持って
行こうかな?
P1020456.jpg

P1020457.jpg

なんでも急にしたらダメですね。
スポンサーサイト

離型

シーズン中は修理に明け暮れている状態だが、少しの手が空くと旧型X2の型の製作に労力を費やした。やっとのことで、楽しみな離型作業。初回の離型は、プレゼント商品の包装を剥ぎ取るような楽しみがある。
離型前

剥がれてきたぞ

離型材を5回繰り返したので、簡単に元型から剥がれてくれた。
ゲルコートの硬化不良や剥離が無いかチェック。
残念、2箇所ゲルコートの不良を発見。また修正しなければならない。今回の不良はゲルのちじれ現象。これはゲルの吹付け時に極端に薄くなっている所があり、その場所で第1層の積層時に脱泡作業の遅れで、樹脂に含まれるスチレンモノマーで完全硬化していないゲルを溶かしてしまうのである。
今までも経験していてプロとして情けない。言い訳は大きな物を積層すると、手が回りきらないのである。だから、本当は2~3人ですると作業効率は2倍以上にアップするのである。
肌はどうかな?

面倒ではあるが時間をかけて、修正とラッピング作業をしようかな?

久しぶりに

しばらく、ブログはお休みでした。きっとお盆までは書けないかなって思っています。
最近は新商品とマシン改造の作業は、できなくて、ひたすら修理のみ。
よって、修理は個人情報にも触れそうなのでブログにアップできないのです。
オーナーさんにとっては、大切なジェットが不幸にもドック入りになりショックなことで公開は避けるようにしています。そこで、ドック入りの原因ランキング発表です。
1位 友人、知人が乗っている時に事故、故障。←これが7割
2位 無免許(やはり友人かな?)←人身事故が多いかな?
3位 オークションで買った←怖いな~
4位 ジェットで水のかけあい←冗談もほどほどにしてくれ~
番外 トレーラーを売った店の調整、説明不足。

さ~てこれから夏本番、人身事故のないことを願います。

話は変わるけど、偽装牛肉コロッケが話題になってるけど、ハルを修理してると いつも思うのが、FRPで補修し塗装し 何もなかったようにするのは、偽装じゃないかな?って。でも違うのは、売るわけじゃ~ないので偽装にならないことかな?

FC2Ad