和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26年前の愛艇が見つかる

今年になり、警察署から連絡があり、私所有だったジェットが見つかり、現物確認と調書を取らせてと言って来た。
盗難にあったのは、もう26年も前のX2.
あれは、平成3年8月か9月に盗まれた。もう今年で26年だ。
1490355104258.jpg
発見現場は、備前市の山中の谷に捨てられていた。もちろんエンジンも何も無い。でも、この当時、X2の部品をとり、ハルを捨てる、燃料タンク、シャフト、ポンプ、マフラーなど、ここまで外すと、どうも心当たりがある。だから私は2回被害にあったことになりそうだ。
1490355112914.jpg
1490355119480.jpg
しかし、山中に26年ジェットの上や中で落ち葉が腐葉土になっている。年月を感じる。
失踪した家族の安否を確認した気持ちである。
盗難や詐欺、暴力など、自分の欲求を満たす勝手なやからたちだ。
スポンサーサイト

お盆前にもう一度

お盆前にも一度マイジェットを点検してはどうかな?
大きな故障になる前に点検してやばい処、部品があれば修理をしておきたいですね。どこのジェットショップも修理艇で満杯だし、メーカーが盆休みに入ると純正部品も入ってこないからお手上げになる。毎年わかってるけどしかたないかな?ま~ネットでこのブログを見る人は大丈夫。
今度の写真はポンプのベアリングが破損とエンジンダンパがちぎれて発生した修理。ハイパワーのジェットのポンプは定期点検か数年OHいていないものはきにしておく。自動車のように検査時にOHしないので壊れるまで乗りつづけることになる。最近はリコールの話やPL法ってのがあって使用者の権利が表に出てきているけど、ジェットも水上を走るので船舶に順ずるから、海事6法では船長は出航前には船舶の点検をすることになっている。メカや法律を知らないでは、安全は他人任せになってしまう。
古いジェットは、今晩ショップさんに点検箇所を相談してみてはどうかな?pomp

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。