和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

充電しないRXP215

すぐにバッテリーがあがるRXP215.
バッテリーを新品にして、電圧確認しても12V台。通常エンジン始動し回転を上げるとバッテリー端子間は
約14V台に上昇し充電してくれるはずだ。
ところが9月に測定した時には上昇しなくて、バッテリー電圧のままで、しかも電線も熱を持っている。がしかし
フューズは切れない。
当然、レギューレーターも交換してみた。
結果は同じ。
考え続けた結果、充電系統は正常。消費側に問題ありと。
証拠に電線が熱を持っている。
問題は何が消費電力が多いかだ。
考えられるのは、燃料ポンプ、アイドリングコントローラー、VTS。このモデルはVTSが無いので除外。
エンジンをしばらくかけて放置。アイドリングコントローラーに発熱がない。残るは燃料ポンプ。
常に燃料ポンプはトラブル。
そこで、燃料ポンプのモーターの抵抗値を測る。
1509619320069.jpg
1509619309049.jpg
約1.4オーム
使えそうなポンプは
1509619314650.jpg
38.7オーム
電流値を
I=V/R  Iは電流。Vは電圧。Rは抵抗 Vは仮に13Vとする
Rをそれぞれに入力すると
I=13/1.4
 =9.3
よって9.3アンペア流れていることになるし、フューズも切れない。
I=13/38.7
 =0.34
0.34アンペア これはまた低すぎるけど。
どうも燃料ポンプが電流消費元になっている感じだ。
スポンサーサイト

カワサキLXの続き

カワサキLXのコッタピンが外れて圧縮ゼロの続き

さあ、部品もそろったしくみ上げようとしたら、破損したバルブの場所からステムシールがコロンと外れた。
よく見ると、ステムガイドが折れている。
なんてことだ。またステムガイド注文しないといけなくなる。
1508543902061.jpg
1508539497942.jpg
しばらくして、ガイドがきて交換打ち込み。
ヘッド全体を150度に温めろとあるが簡単には温めることなんてできない。昔の車の雑誌にはストーブに乗せて置くと書いていたが
今の時代そんなものない。私の場合、ファンヒーターの温風吹き出しのところに置きっ放しにし温めた。
さー今日中に組み立てるぞ。

ホースに巣を作る

都会では少ないだろうが、ジェットを屋外でしばらく置いていたら、水洗ノズルから虫の巣が作られてしまう。
だから、シーズンの初めには、なぞのヒートが海に下ろしエンジン始動の初回のみ起こすことがある。
運悪く、幼虫がひっかかると面倒だ。
1507094015733.jpg
1507094008932.jpg
1507094002515.jpg
1507093995984.jpg
今年修理で入ってきたウルトラ300だが、シリンダーメッキ剥がれ、クランクメインベアリングの痛んだのが、あった。ブログでも紹介したかな。
エキゾーストパイプから水洗ノズルにいっているラインが、何故かネバネバのヨシかススキの葉っぱの塊がホースの中にあった。走っている時はノズルが後ろにあるから、冷却水が出ていることは確認できない。水洗するときは、純正のフィッティングじゃなくて、ワンタッチのもの使用なので詰まっていても抜かない。ヒートセンサーは近くにあるから少しの冷えてる水道水で警告はならない。フロントの検水も気にしていなかった。その状態でエンジンかけっぱなしで、シャワー着替えをする。ひょっとしてこれがエンジンに悪かったか?

カワサキ ウルトラLX圧縮なし

夏が過ぎて落ち着いて作業ができる。人も来ないし、電話も無い。
カワサキ ウルトラLX 突然海上でエンジンが吹けなくなったらしい。それまでは普通に乗れてた。
調べると4番が圧縮ゼロ。
1506927459789.jpg
カムを外すとスプリングが開放されている
1506927468088.jpg
バルブが閉まっていない
1506927475595.jpg
コッターがずたずた。
原因はわからない。
しかしこのエンジンは修理歴があるようだ。ヘッドボルトの一番前のHEXボルトにマキシマのブルーのグリスがべっちゃり塗布されている。
それと悩ましいのがどうもピストンリングが固着しているみたいだ。もう一点、メッキシリンダーの状態が良くないね~。

何故なんだ

RXT260が突然、エンジンストップ、セルモーターも回らない。
ということで修理依頼を受けたのは夏。
始めはポンプに何かが噛んだのかな思いポンプを取り外す。
綺麗なものだ。そこでドライブシャフトのSSTを取り付けてクランク軸を手動でまわす。
回らない。完全に固着している感じ。
仕方ない無いのでエンジンを分解することに。当然オイルは規定まで入ってるし、オーバーヒートした形跡も無い。
1506469178221.jpg
3番コンロッド大端部が焼き付き。しかも2番もプレーンメタルが焼き付き寸前。
1506469184740.jpg
何でやねん。
オイルポンプを分解するが壊れていない。オイルプレッシャーレギュレターを分解、正常だ。異常があれば、履歴に残っているが何も無い。しかもクランクメインベアリングは綺麗なものだ。わからない。
このRXTは2015年製。
まあ、修理部品もそろってきているので、慎重に清掃、検査しながらくみ上げるしかない。

拡張

ジェットの修理を請けると、何故か集中する。当たり前か。
隣に駐車場やジェットを置けるスペースを確保しました。
もともとそこは、職業ダイバーの方の道具置き場でした。そしてその方が亡くなり雑草は生え放題で密林状態でした。
やっとのことでここまでなりました。
1506298276959.jpg

久しぶりの登場

忙しかった夏が過ぎた~
夏前は、あまり仕事を請けないでできるだけ海に行こうと思っていたが無理でした。
9月に入って少しジェットに乗れましたKIMG1457.jpg

1506211949460.jpg
1506211930173.jpg
夏前から忙しすぎて、失敗の連続で反省しまくりです。

シングル艇に3気筒エンジン搭載作業、4サイクル搭載作業、なぞのエンジンロックなどで時間がかかりすぎで、もう一人ではどうにもならなくなってきてた。アルバイトも考えたが一から教えるとなると手遅れだ。
2サイクルの修理をしなくなったのは、正解だったが10年前の4サイクルが増えて手こずるようになってきた。

まだ冬が来る前なのに来年はどうしようか考えてしまいます。

ウルトラ300オイル乳化

なぜかカワサキの話題が多い?

今回はウルトラ300のエンジンオイルに冷却水が混ざり、カフェオーレ(乳化)になる。
冷却水がオイルに混ざる部品はどこだ。きっと分解して目視点検してもわからないだろう。
ウルトラ250は時々ある。ほとんどはシリンダーヘッドだ。まれにシリンダーもある
でも、今回は300だ。肉厚がアップしているとも聞いているし、初めてだ。
シリンダーはほとんどウォータージャケットはないので、やはりヘッド?
確かめたい。よってオイルの入る箇所にヘッドからあふれるほど、灯油を満たし、ウォーターラインを蓋をして一箇所から
エアーを入れて確認した。
1495359196568.jpg
1495359206153.jpg
画像のとおり、2番3番の間から泡が出ている。EX側だ。
まだ、未確認だがヘッドボルト付近だ。割れているのかな?
いずれにせよ、確実に冷却水はオイルに混ざっていたという事だ。
(ちなみにお客様はオークションでこのジェットを購入した、もってかえってオイルは交換したが乗ってからは一度もレベルゲージで確認もしていなかったと言っているので、

カワサキ800SXRに1100Diは

カワサキSXR800に1100Diを搭載作業。
前回は簡単って言ってしまったが、スペースの問題が多くて苦労した。もうやりたくない?お金つんでくれたらしますけどね。
ハル側エンジン台製作
バッテリー台ハル側製作とバッテリ(YTX14にした)ボックス製作
排気管の製作
エキマニ フライス加工
燃料タンク製作
オイルタンク製作
EMU移設金具製作
冷却水追加
コンデンサー取り付け金具製作
電気回路の理解とハーネスを簡素化
イグニッションコイルの取り付け場所の問題
などなど、苦労しました。
1494286700490.jpg
1494286709805.jpg

カワサキ300、310のスーパーチャージャー

また、久しぶりになってしまいました。儲からないのに忙しいのです。一人でやっているので雑務も多いし、お歳で体力もありません。

さて今回はカワサキのスーパーチャージャー(SC)。たまたまなんでしょうけど、今年になって2台目。SC付近が真っ黒け。
オイルが付いて、ベルトのカスなどで汚れが酷い。
1494461735923.jpg
原因はSCのボルトの緩み。前回と同じボルト箇所、よってその傾向があるという事だ。
1494461748549.jpg

前回はボルトが緩んでいただけだが、今回は画像のとおり、完全に抜けている。前回の艇は約80h、今回は約100h。
わりと見にくくて、見落としやすい場所なので、オイルがにじんでいたら疑うべし。
あ、オイルは当初、SCのギヤボックスからの漏れかなと思ったが、確認はしていないが、多分加給漏れでブローバイに混ざったオイルかなと思っています。この点に何かあれば情報をいただけたらうれしいです。

kawasaki SXRのドライブシャフト

新発売のSXR カワサキの久々のNEW MODEL
あのハルに15Fのエンジンをそのまま搭載なので100Km/hオーバーなのかなと思っていたら公表値9?km/h。
予想外に遅かった。でも乗り味は早いらしい。当然オーバーのポテンシャルはもっているだろう。
ジェットは難しい。単にハイパワーのエンジンを積んだから早くはなっても、楽しめないかも。曲がらないかも。なのだ。
今回はそんなことどうでもいい。お立ちの専門家に任せれば。

少し興味があったのはドライブシャフト。長そうだったので。
1490355128561.jpg
上がSXR、下が旧X2 なんか使えそうでしょ。旧X2にセットバックポンプをつける時に。少し長そうなのでペラの追い込みと、エンジンベッドの加工が必要かも。
まだ旧X2って頭が進歩してないでしょ。
このSXRのシャフトは純正部品でも高価。最近のものになって超ロングだから?

26年前の愛艇が見つかる

今年になり、警察署から連絡があり、私所有だったジェットが見つかり、現物確認と調書を取らせてと言って来た。
盗難にあったのは、もう26年も前のX2.
あれは、平成3年8月か9月に盗まれた。もう今年で26年だ。
1490355104258.jpg
発見現場は、備前市の山中の谷に捨てられていた。もちろんエンジンも何も無い。でも、この当時、X2の部品をとり、ハルを捨てる、燃料タンク、シャフト、ポンプ、マフラーなど、ここまで外すと、どうも心当たりがある。だから私は2回被害にあったことになりそうだ。
1490355112914.jpg
1490355119480.jpg
しかし、山中に26年ジェットの上や中で落ち葉が腐葉土になっている。年月を感じる。
失踪した家族の安否を確認した気持ちである。
盗難や詐欺、暴力など、自分の欲求を満たす勝手なやからたちだ。

800SXRに1100ccは楽かな

800SXRに3気筒搭載はX2に比べてらくそうやね。
ハル側エンジンベッドは完成
1487849350549.jpg
今回はノーマルポンプを使用するので15Fのドライブシャフトを使う。セットバックの場合は250用。なのでハル側エンジンベッドのネジ穴の関係上1100用のエンジンダンパを使うほうが効率的。既存のネジ穴を2箇所そのまま使える。
まあ、800のエンジンダンパを800の位置で1100のエンジン側ベッドに穴を開けなおして載せる手もあるがキチット製作したいので、ハル側も加工した。もちろん800に戻せるように既存のネジ穴も残している。バッテリ固定穴は無いが。
こんな感じかな。
1487849358416.jpg
やはり、チャンバーがハル側面に当たるので少しフライスしないといけない。
1487849365986.jpg

問題は燃料タンク、バッテリー、ドデカイECU。燃料タンクはアルミで製作するのでECUを取り付ける予定だがバッテリーをどこに入れるかが悩みどころだ。
もう明日に考えよう。

NEW X2にぷパークのエンジン

NEW X2にSeadooスパークのエンジン搭載の作業が入っている。
もう、先日やっとNEW X2に1100のエンジン搭載作業が終わったところだった。意外に苦労した。引き受けたときには、ハルが純正品だと思っていた。ところが軽量ハルだった。これが問題だった。バルクヘッドのホルダーを受ける位置が微妙にずれている。そして軽量だから、板厚が薄いのでアッパーとロアーハルのボンドフランジが薄い。よって微妙に高さがない。よってチャンバーが当たりまくる。なんだかんだと予想外の事が発生し、やっと納品できた。

そして今は800SXRに1100Di搭載作業。平行してNEW X2にスパークのエンジン搭載作業
1487726321147.jpg
これは、排気管の処理が苦労しそうかな?
1487726330688.jpg
そしてオイル吸入口も変えないとダメそう。
1487726336997.jpg



1100Diもスパークも燃料タンクは製作しないと燃料ポンプが付かないし、エンジンルームに入らないな~。
先が長そうだ。

VX110浸水

またしても、ヤマハVX110浸水である。
もう以前からVX110は浸水している。かなり多い。でもオーナーはだましだまし乗っているようだ。
今回のこのジェットも3年前から聞いている。修理には、エンジンを下ろして、ドライブシャフトのスルハルブラケットを
外さないといけない。予算の都合でごまかしていた。
しかし、水上での浸水が酷くなると、お金の事言ってられなくなる。怖くて遠方にいけなくなる。
修理する側も、1万や2万では受けられない。例のホースクリップは錆びて外れないし、手間がかかる。

今年は徹底的に直してほしいと依頼があったので、修理となった。
1487379401745.jpg
1487379407673.jpg
取り外してみると、アルミ金物の接着剤の面は、水で酸化しており、接着剤が剥離しているのが確認できた。取り外しも苦労せずに
外せた。
これから、古い接着剤を全て取り除いて、金物は磨いてエポキシボンド(マイティーグリップ)で接着しなおしだ。
でも、なぜ剥離しやすいかが問題だ。エンジンとシャフトのセンターが狂ってきて、また、カップリングダンパの遊びが増えてシャフトが振りやすくなり、剥離しやすくなっているとも考えられる。
次のページ

FC2Ad