FC2ブログ

和田マリンファクトリーの独り言

縁の下の力持ち!和田マリンファクトリーの日々の独り言を書いてます。 Watercraftの部品って高いから安く提供できるように身を削ってまで頑張ってます

オイルが減る

気が付いたらオイルが減っているという修理
まだ修理はしていないが、原因を解明しなければならない。
忙しすぎて、作業が遅れ気味でやっとエンジンを分解できた。
盆前だったので、取り合えず、ストレッチボルトやガスケットの部品とオイル上がり、下り用の部品ピストンリングとステムシールを
用意していた。 が。
ヘッドを外すと1番(PTO側)ピストンヘッドが黒くてオイルっぽい。シリンダーをチェックすると傷もある。この時点で嫌な予感
腰下も分解。1番ピストンを抜くとこのような状態。
KIMG1848.jpg
オイルリングが割れていた。しかもピストンスカートも、ダメだ。
KIMG1849.jpg
KIMG1850.jpg
取り合えず、修理依頼者に相談だね。
スポンサーサイト



もう終りが見えてきたけれども。

もうすぐ、私の誕生日らしい。どうでもいいのだが。
昔で言えば、ご隠居になる歳でもある。
昔の人は隠居生活で生活費はどうしてたんだろうと、考える。俺なんて貯金なんてない。
自分の工場をたたむ時期が来ているのか?もうこの誰も見ていないブログも7月で、止めようかとも考えている。

先日、太平洋戦争で苦悩した日本の航空機メーカー 中島飛行機に興味を持ち、中島飛行機が製作した、誉エンジンの本を買ってしまった。
誉

この10年くらいは、文字がずらずらとある本は、老眼で買っていないし、読むこともなかった。
現在、中島飛行機が存在しないから興味をもって読むと、これがおもしろくて。
苦労せずに大きくなった会社は無いのだなって関心した。
まあ、俺も、いける所まで頑張って苦労して、あの世に行きましょうか。

あきらめていたRXT215

火曜日から、修理で預かっていたRXT215 エンジン始動不可。セルモーターもビープ音もしない。
昨日、もうあきらめてって連絡していたのだが、今度の火曜日にどうしても使いたい。フライボード専用艇だから。
今回も徹底的に調べまくったが、私も甘かった。
3週間前はスターターリレーの動く音はしていた。その前はビープ音もしていたらしい。
現状では、ビープ音も燃料ポンプの音もしない。よってECMが壊れたのかなと思い、どう機種のを借りてきて交換したが
変化なし。
もちろん、スタートSWやDESSがおかしいかなとチェックしたが正常。もうこの段階であきらめ気味。
でも、気を取り直し、壊れているのには、必ず原因がある。
これはハーネスやな。っと思い始動系の配線チェック。異常なし。
整理すると、DESSキーを受け入れるときの、電圧はある。
しかし、ECMからのオープンコレクターのダウン信号が全て来ない。燃料ポンプ、ブザー、スタート/ストップ これらは、すべてECMからのダウン信号で動いている。
じゃあ、ECMに電気が来ていないのか。これまた、フューズボックス内の12VバスバーにDESSキーを刺すと12Vが来るのである。
そして、休憩。
あとはGND(グランド)がしっかり取れているか調べた。
そうしたら、なんと約180Ωあるんです。普通はゼロΩに近いはず。
さらに調べると、バッテリーのマイナスとシリンダー間のラインがおかしいと判明。
取り外して、被服をむいて銅線を確認すると、腐食していました。
交換後、もちろんビープ音するし、始動もオーケイ。
原因がわかれば、よくある話だと皆さん笑うことでしょう。
KIMG1818.jpg
KIMG1819.jpg
KIMG1820.jpg

RXT300スピーカー取り外し方法

現行のRXT300のオーディオ(スピーカー)を外したい。すぐ前のカバーを色を塗りたいからだ。カバーを外すためにはスピーカーボックスを外して、隠しボルト一本を抜かないと外れない。
ところが、そのスピーカーボックスの外し方がわからない。メーカーサイトで見るが、その通りしても抜けない。
ユーチューブでも調べまくった。
マニュアルでは、スピーカーボックスの下に網のプレートがあり、その真ん中に丸い直径8mmほどの穴に1/4エクステンションを差込、ボックスをスライドさせて、抜くと言うことだ。
その前に、ボックスを一箇所ボルトで止まっているから、それを外しておく必要がある。
実際に1/4エクステンションを差込後ろに抜こうとするが、抜けない。どうなってるねん?

なんだかんだと、もう6時間はやっている。エクステンションを挿したまま昼飯。
昼からダメ元で後ろに力入れると抜けてしまった。もう、ひとつ抜ければ、構造がわかるから簡単だ。

こつは、エクステンションを奥まで差込、45度回す。これは、ソケットを入れるところが四角で自然に平たい所に爪が当たり。爪を押し切れていないので45度回し、爪を完全に押し切る。その状態でも外れにくいので、パーツクリーナーでベースとスピーカーボックスのスライド面あたりを吹きまくる。
あとは、こんこんと後ろに押せば、外れるはずだ。
KIMG1789.jpg
KIMG1790.jpg
KIMG1791.jpg
KIMG1792.jpg
KIMG1793.jpg
自分がきっと忘れるから、メモのつもりで書きました

奇跡のステアリングケーブル

久しぶりに旧X2のお仕事
ハル修理と始動系、そしてステアリング
ステアリングが動かない。ケーブル交換必要
付いているケーブルを抜くが抜けない。抜いてみるとごらんの通り。
KIMG1763.jpg
新品のケーブルは、当然メーカーにもどこにもない。
たしか、自分用に新品があるはずだが。捜しまくって発見
奇跡のケーブルだ。
KIMG1764.jpg
長~い他機種のケーブルと言う手があるが、反転させないと使えない。それにもともとのケーブルは短くて、軽い。軽くてフィーリングがいい。
これで、また十年は楽しめるだろう

さっそく今朝のエンジン確認

KIMG1745.jpg
メンテでフィルターのつけ忘れだって。この画像からありえる?
KIMG1743.jpg
破片だらけ
KIMG1744.jpg
コンロッドが折れてちょうどオイルフィルターの取り付けパイプを直撃。コンロッドの折れたH型が見えてる。

あとは、シリンダーもNGかどうか、ヘッドは?

エンジンが止まったって連絡

某マリーナから出てわずか五分ほどでエンジン停止。セルも回らない。
某マリーナ関係者、お店にメンテしてもらっているなら、あり得ない。オイルフィルターが外れている。
要は、当社が悪いって言ってるようなもの。
確かに、昨年、電気系トラブルと、船内に浸水することで修理はあった。でもオイル交換などのメンテナンスの依頼も点検依頼も受けていない。
そもそも、オイルフィルターのブロック側のボルトが付け根から抜けるなんて、わかる訳無いでしょ。原因もはっきりしていない状態でお客に、メンテ出しているところがうんぬんとは、お客だって当社が悪いって思ってしまうでしょ。じゃーあんたのマリーナは、メンテ出すと、コンロッドや、クランクが何時、折れるってわかるのかい?そりゃーすごい。あんたのマリーナも古いボートや船外機の買い替えを勧めているはずだ。壊れるリスクが増しているからだ。
俺のところは中古艇を売ったり、修理すると、時々、お客から、大丈夫ですか、とか、もう壊れませんかとか、聞かれることがあるが、絶対に大丈夫とは、言っていない。機械物だし、ガラスのようなものだ。だから、1時間後に修理した以外の場所が壊れるかも、10年後に壊れるかもと、答えている。
だから、古くなれば、壊れるリスクは高くなる。だから新艇や少し高めの中古艇を勧める。新艇なら一年以内はメーカー保障がついてくるからだ。
ほんの少しの技術、知識、設備があるからって、安易なことは言ってほしくない。
久しぶりに腹たったわ。ガハハ~。

最近思うこと

コロナ嵐は、もう少し続くね。
コロナでの死亡者、現在300人を超えた。すごい数だなってなるけど
これまた、マスコミや政府に惑わされている。もちろん、俺も高齢者だから感染したら、あの世に行く確率は高いね。
怖い、怖いって言うもんだから、癌になるよりも確率が高く感じてしまうよな。
インフルで一年で死亡数はもっと多いとの事。でも騒がないよね。
俺たちって、いろいろと意識が刷り込まれている可能性がある。
俺の年代はアメリカは良い国、正義の代表って。
過去にずーっとさかのぼると、アメリカ大陸へのイギリスからの入植当時、先住民族がいて、それぞれの感覚や風習の違いで、
争いになり、なんとアメリカ入植者は、先住民族を900万人以上殺害し、その殺害の仕方は残忍だったらしい。
そして、今から50年前、アジアだ。太平洋戦争である。日本人が悪くてアメリカ人が正義としてね。もちろん、刷り込まれた正義である。中東だってそうだ。これぞパスクアメリカーナである。パンアメリカンだ。
同じ事を中国も、北朝鮮もやっている。
だから、日本は目覚めて、強く、したたかにならないといけない。口と手は違うことはどの国だってやっているのだ。
現在のコロナ対策が良かったか、悪かったかは、この先にわかることだ。もっとしっかりしなはれ。って思うね~。

俺に金があれば、今株買うけどな~。


こんな時でも、大金持ちは、チャンスだと思っている。マイナスだって思っていないのだ。金を儲けるチャンスだってね。俺たちはそいつらに、踊らされている。

日東工器セルファーには、泣かされる

油圧パンチャーって知っていますよね。
鉄板に油圧で穴を打ち抜く工具です。今回中古3台目でも、、、、、、、。
一台目は中古ですが超お安値で購入。結構使いました。元取れました。
それで味をしめて、一台目が作動油がじゃじゃ漏れになり、終わりました。
もちろん、分解して原因を調べました。油圧用オイルシールが手に入れば、復活は可能でしたが、
2台目中古買いました。安かったです。ですが、5穴抜くと作動油漏れです。
あ~セルファーはアカンわ。ともう放置。
2年ほどブランクがあり、最近、壁を作ってほしい依頼があり、梁に柱を固定しなければならず、当初は、
溶接で行こうと簡単に考えていました。でも、台風など風圧を考えるとやはりボルト付けが確実。
と言うことで、またもや、セルファーがよぎりました。
3台目、本日中古届きました。動作確認、バキバキといったあと止まりました。何てことだ。
1時間ほど何でだろと悩みながら他の事をしていたのですが、原因がわからないのは、納得できない。
カバーを外すと、ウレタンスプリングがバラバラ。
KIMG1727.jpg
ウレタンスプリングを1台目から部品取りし、交換すると治りました。
でも壁工事には、重量がありすぎて、無理そうです。H鋼用ドリルビスで対応しよう。
KIMG1729.jpg
床にはバラバラのウレタンの破片が散乱。掃除タイムだ

話は変るが、よう儲かってる会社は、床が綺麗だ。トイレもだ。整理整頓されている。これは、俺があちらこちらの会社を訪れて感じることだ。床に部品や製品を置きっぱなしになっているのは有りえない。道具も古くても手入れされていなければならない。
SSTを鋼ハンマーでたたくことなど有りえない。儲かってる会社の社長の車も綺麗だ。
要は、頭の中が整理できているかどうかである。だから身の回りは整理整頓掃除なのだと、感じて帰ってくる。

コロナ嵐やね

テレビでは、連日コロナのことばっかりだ。
俺も感染するのは嫌だけど、そんなに酷い感染病なのか。
これから紫外線が強烈になり、暖房も要らない季節になれば、増加は収まるんじゃないのか。
まー俺も60歳だし、まだ死ぬのも未練があるし嫌だけど、死亡しているのは高齢者が大半だ。
インフルエンザや交通事故、ガンで無くなる数と比較するグラフや数字が必要ではないのか。
結局の所、マスコミなどにおどらされていないのか。
大恐慌やリーマンより酷いとか、マスコミは酷すぎる。数ヶ月後、それなりに薬や対処方法がわかれば、なんのこっちゃってならないか。
まあ、そんなことでペーパー類や食料品を大量買いする行動も馬鹿らしい。

これだけ、自粛すれば、きっと景気も前以上に良くなるよ。それまで破産しないように頑張ろう

自社用鉄骨

どこでもコロナで大変な事になっている。リーマン級の不景気が心配だ。

さ~て、私は1月2月暇すぎた。昨今、大雨や暑さで仕事に集中できない事が多いので、屋根を延長することにした。既存の建屋に延長するのだが、前のパソコンが潰れて、CADデータが無くなり、少し残っていたプリントアウトした図面から、作成となりました。
ようやく、大きな鉄骨の溶接が終り、亜鉛メッキ工場行きとなりました。
KIMG1679.jpg
KIMG1677.jpg
塗装でも、海から離れているので良かったのだが、延長部分は壁がないので結露する可能性があるし、実は塗装も面倒な作業なので、亜鉛メッキにしようと決めたのです。
でも、これも面倒で、スカラップをしないといけないし、溶接部分のノロ落し、スパッター処理など手間が結局かかってしまいました。
何でもかんでも持ち込もうとトラックに積み込むと、多分約2tくらいになった、それに接合部のリン酸処理も追加したので処理費用が怖い。
工場受付でコロナ対策で体温計測を受けさせられました。

ウエットブラスト

最近 バイク好きの知り合いがウエットブラストという機械を購入。おもちゃのような物でなく、100万以上する機械です。
本業では、強力なサンドブラストを使っているのですが、強力すぎるのと、仕上がり肌がわるいので、バイクのレストアにはむかないので導入。業者さんや、個人でも仕事として引き受けるそうです。
早速、工場にお邪魔しました。
KIMG1645.jpg
KIMG1644.jpg
KIMG1641.jpg
KIMG1646.jpg
錆びや塗装をブラストがけにすると、シルバー塗装したようにぴっかぴか。真鍮も真鍮らしい色に復活。肌はドライサンドブラストのざらざら感はなくて、素地本来のそのままに。ただし錆びている部分はほじくれてしまいます。
錆びたキャブは画像の通り。塗装ののりは不明です。
当社も最近、ブラスストがけの仕事がへり、機械の調子も悪いので、これからは近くですのでお世話になろうと思います。
料金体系はこれから決めるらしいです。

手こずったRXT215 2005年式

昨年から2005年式RXT215 の修理 予算から言うと程度のいい中古艇を買える。でもいろんな事情があるらしくて修理してほしいと依頼があった。一度はお断りしたが。
バッテリーをつけてエンジン始動。重くて回らない。エンジン分解。3気筒のうち、ひとつが吸気バルブが折れてどこかに行っている。まあ圧縮がない状態だ。あと2気筒は海水でピストンリングとシリンダーが錆びて、ロックに近い。
だから、海上で普通に乗ってたら、いきなりバルブが折れて、エンジンストップ。その後始動不可で曳航。そのときに燃焼室に海水が逆流。そのまま放置。2007年夏までのバルブは折れやすいのだ。中空ステムで軽量。性能追いすぎて一般向けでなかった。
エンジン分解、ヘッド、シリンダー、ピストン、チェーンなどなど全てNG。こちらの倉庫から予備部品でエンジン組み立て。2008年以降のヘッド使用、ロッカーアームシャフトも変更になっているので、もう本体は2008年以降の仕様とするが、マグネト系とクランク、前のオイルフィラー系は2005年のものを使う。
組み上げました。エンジン始動。始動できません。今度は燃料系。燃料タンクからポンプ引き出しました。ベトベトでぐちゃぐちゃでNG
燃料もNG。交換し始動。OKもちろん始動できました。
こいつとの戦いはこれからが大変でした。エラーが出ているかです。
エラーは油圧です。P0520です。当然オイルプレッシャースイッチを疑いますね。ECU側からテスターで測定します。これがOKなんです。念には念ということで、センサーを新品に交換。でも直らない。古いタイプはフロント側にもセンサーがあってこいつもチェック。異常なしですが新品に交換しようとしましたが、外れなくてあきらめました。
年が変わって、頭を整理。DESSキーを入れて電源を入れただけでオイルエラー。これは理論的におかしい。エンジン始動していないとOPSはグランド。導通テストではグランドになっている。でもエラー。後はECUしかない。
KIMG1625.jpg
KIMG1626.jpg
新品なんか買えないしな~。それで倉庫探しまくったら、使えそうな215のECUがあった。GTXようだけど。
交換し、DESSキー投入。エラーなし。センサーの表示のみ。やったぜ。
SeaDooは結構ECUが壊れる。ECUの内部は多分、基盤のなっていてその上にCPUやAD,/DAコンバーター、メモリー、抵抗など組まれているか、マイコン化されてそれらの部品がマイコンに内臓されて、基盤にくっ付いていてコネクター配線されているのだろう。壊れるリスクは多いのかもわからない。
この二年で各社ECU交換修理は、
 ヤマハ 1件 AR240
 カワサキ 0件
 SeaDoo 2件 1件はアイドリングが落ちない(RXT260 )  もう1件もアイドリングが下がらない(iモデルでないスロットルタイプ

作業机

昨年から全て鉄でできた、丈夫で重い作業机の依頼があったが今年ようやく納品。
上天板は16mmの鉄板SS400.足は125×65のチャンネル鋼
上天板の板だけで161K ある。定尺の3”×6”(914×1825)をそのまま仕入れたら少し安かったのだが幅1400mmという依頼なので、少し値がはった。
昨日納品に行ってきました。万力を付ける穴もあけてきました。
KIMG1542.jpg
KIMG1541.jpg

加工機械が動かない

半年振りに鉄骨加工機械を動かそうとしたら、動かない。
自動ボタンを押しても刃物は回らない。
参ったな。
KIMG1512.jpg
制御ボックスの蓋を開けて、回路図とにらめっこだ。
この手の故障は、接触不良が多いのだ。だからリレーを抜いて挿して、接点も確認。しかし動かない。
ああ~厄介だ。徹底的に調べるか、
回路的には、問題なしだ。要は自動運転ボタンを押しても電磁接触器が動作しない。だから自動運転の為の電気がラッチされていないのか。調べたが、電気が来ている。あとは、電磁接触器そのものが不良しか考えられない。
電磁接触器の単体チェックだ。動かない。ソレノイドに問題ありか?テスターで抵抗値を測定。800kオームくらいある。これは多すぎやな。
KIMG1535.jpg
KIMG1527.jpg

ソレノイドのコイルを巻き戻しして確認する。巻き戻していくと、銅線が切れた。切れた箇所は変色している。錆びている。
KIMG1532.jpg
これが原因だ。理由は不明だが何らかの水が入った形跡がある。配線用端子にも濡れて錆びている。
電磁接触器を注文したが、少し時間がかかる。待つしかないか。
次のページ